昭和53年4月   会社設立、更埴市屋代1,358 にて金属製品の加工販売をはじめる
昭和56年5月   えのき茸の後半栽培及び加工をはじめる
昭和58年5月   工場を増設、月産 10 トンを 18 トンに増産
昭和61年2月   全行程栽培可能な工場に改築工事開始
昭和61年7月   操業開始 月産 25 トンに増産
昭和62年4月   長野養護学校より最初の知的障害者(1名)を雇用する
平成3年4月   1 名の重度体幹機能障害者を雇用する
平成5年10月   高速道路建設に伴い長野市篠ノ井に工場移転
社名を 「株式会社 柿の木農場」 と改める
生産量を月産 50 トンとする
平成7年3月   3 名の知的障害者 雇用(内 1名 H12.1月 退社)
平成7年6月   社団法人 全国重度障害者雇用事業所協会 加盟
平成8年4月   1 名の知的障害者 雇用
平成9年9月   長野県雇用開発協会 加盟
平成9年9月   「障害者と共に働く提言体験手記」で労働大臣賞受賞
平成9年10月   1 名の知的障害者 雇用(H16.12月 退社)
平成10年9月   障害者雇用促進のための職場改善コンテストで日本障害者雇用促進協会会長賞受賞
平成11年3月   1 名の知的障害者 雇用(H13.9月 退社)
平成11年7月   栽培棟増設 月産 60 トンとする
平成11年11月   障害者雇用優良事業所として長野県雇用開発協会長の表彰を受ける
平成13年4月   2 名の知的障害者 雇用(内 1名 H19.1月 退社)
平成14年3月   1 名の知的障害者 雇用
平成14年3月   当社敷地内に「どんぐり作業所」設立運営開始
平成14年3月   農業経営基盤強化促進法に基づく「認定農業者」取得
平成15年3月   作業所より 1 名の知的障害者雇用
平成17年3月   重度障害者多数雇用事業所として新たな栽培施設
建設工事着工、6 月竣工
平成17年4月   1 名の知的障害者 ・ 1名の精神障害者 雇用(H20.4月 精神障害者 退社)
平成17年7月   3 名の知的障害者 雇用
全工場生産開始 月産 150 トンとする
平成17年10月   1 名の知的障害者 雇用
平成17年11月   1 名の精神障害者 雇用(H18.1月 退社)
平成18年4月   1 名の精神障害者 雇用
松代工場生産開始 月産 170 トンとする
平成18年8月   2 名の知的障害者 雇用(内 1名 H18.9月 退社)
平成18年9月   2 名の知的障害者 雇用
平成18年10月   1 名の知的障害者 雇用
1 名の精神障害者 雇用(パートより正社員に)
平成19年1月   1 名の精神障害者 雇用
平成19年3月   1 名の知的障害者 雇用
平成19年9月   障害者の自立を支援する企業として長野県知事表彰を受賞
グループホーム 『どんぐりの家』 運営開始
平成20年3月   1 名の精神障害者 雇用(アルバイトより正社員に)
平成20年9月   独立行政法人 高齢・障害者雇用支援機構 理事長表彰を受賞
平成21年4月   1 名の知的障害者 雇用
平成21年10月   『障害者雇用優良企業 厚生労働省2012』 認証
 
ページの先頭へ戻る