なぜきのこなのか?

なぜ乾燥きのこが良いのか?

食感シャキシャキ、旨みも増加、長期保存も 乾燥させると栄養成分が変化するだけではなく、食感や旨味もアップする!

和洋中に合う
スーパーフード!

キノコは、特に免疫系に多くの機能的な
スーパーフードの利点があるため、
何千年もの間、伝統的な中国医学で使用
されてきました。
実際、多くの文化では、
キノコなしでは皿が完成しないとは
考えられていません。
キノコには、ベータグルカンと
プレバイオティクスという 2 つの重要な
免疫力を高める化合物が含まれています。

イノシン酸

イノシン酸は、カツオ(カツオ節)をはじめ、イワシ(煮干し)・サバ・鶏肉・豚肉・牛肉など動物性の食材に多く含まれます。 生物の死後、熟成される過程で、増えていきます。

グアニル酸

グアニル酸は、核酸系の有機化合物の一種で、グアノシン一リン酸(Guanosine monophosphate)とも呼ばれます。 干し椎茸などの乾燥キノコに多く、生のキノコにはあまり含まれません。

キノコを
最大限に活用する

乾燥きのこに含まれるイノシン酸は、うま味成分のひとつです。
イノシン酸は、グルタミン酸とプリン体から合成される化合物で、グルタミン酸に比べて約100倍のうま味をもたらします。
乾燥きのこは、水分が抜けることでイノシン酸の濃度が高まります。そのため、乾燥きのこは、生きのこに比べてうま味が強く感じられます。
乾燥きのこは、うま味成分の宝庫です。乾燥きのこを料理に使うことで、うま味をアップさせ、料理の美味しさをさらに引き出すことができます。

乾燥きのこの良い効果

乾燥きのこを料理に使うだけでうまみ成分アップ!

乾燥きのこに含まれるイノシン酸の量は、生きのこに比べて約10〜20倍程度高くなります。
そのため、乾燥きのこを料理に使うことで、うま味をアップさせることができます。

生しいたけより乾燥きのこの方がうま味成分が多くなる??

乾燥しいたけは、生しいたけに比べてイノシン酸の量が約20倍も高くなっています。
そのため、乾燥しいたけを煮物や汁物に使うことで、うま味をアップさせることができます。

うま味成分のグルタミン酸!!

また、乾燥きのこは、うま味成分であるグルタミン酸も多く含んでいます。
そのため、乾燥きのこを料理に使うことで、うま味をさらにアップさせることができます。