きのこを知る

きのこの成長過程について

きのこの成長過程は非常に複雑で、多くの段階を含んでいます。以下に、一般的なきのこの成長過程を簡単に説明します。胞子の発生と分散: 成熟したきのこは胞子を生成し、これらは風や動物によって広範囲に分散します。胞子の発芽と菌糸の形成: 胞子が適切な環境条件下で発芽し、細い糸状の構造である菌糸を形成します。菌糸体の成長: 菌糸は栄養源を吸収しながら成長し、広範囲に広がる菌糸体(マイセリウム)を形成します。子実体の形成: 特定の環境条件下で、菌糸体は子実体(我々がきのこと呼ぶ部分)を形成します。子実体は胞子を生成する構造です。胞子の成熟と放出: 子実体内部で胞子が成熟し、再び環境中に放出され、サイクルが繰り返されます。

原基って何?

きのこの原基は、菌糸体の一部が変化して形成され、
適切な温度や湿度、光などの環境下で成長し、きのこになることがわかります。

胞子
胞子は、きのこが繁殖するための種です。きのこは、胞子によって、風や水などの媒介物に乗り、別の場所に飛散して広がります。
菌糸体
胞子が適切な場所に落下すると、菌糸体と呼ばれる糸状の構造体になります。菌糸体は、土壌や木材などの有機物を分解して栄養を吸収し、成長します。
子実体
菌糸体は、ある程度成長すると、子実体と呼ばれる部分を形成します。子実体は、きのこが地上に伸びる部分で、傘やひだ、柄などの部分から構成されています。

栽培・加工の過程

摂取

きのこの摂取とは、子実体で、土壌中の炭素、窒素、リン、カリウムなどの栄養素を吸収し、タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を合成することです。

培養

きのこの培養は、おが粉などの培地に菌を接種し、適切な温度や湿度などの環境で菌糸を育て、子実体を形成させる工程です。適切な培地や環境を管理することで、高品質なきのこを効率的に製造することができます。

生育

きのこの生育は、適切な温度や湿度、光などの環境で、子実体を大きく育てる工程です。適切な環境を管理することで、高品質なきのこを効率的に収穫することができます。

徹底した温度管理で季節を再現

一般的なきのこは、秋から冬が旬です。きのこは低い温度を好みます。当社は、徹底した温度管理で秋から冬の温度を再現することで、通年栽培を実現し、いつでも新鮮なきのこを収穫することを可能としています。

当社で扱うきのこは完全無農薬で栽培

きのこは農薬を一滴でも使うと残留農薬としてカウントされてしまい、出荷ができなくなってしまいます。当サイトで扱うきのこは、施設栽培の環境が整っていることから完全無農薬で安心・安全なきのこの栽培を行っています。